Skip to content

TAFE

TAFEとは?

TAFE = 公立の職業訓練専門学校

オーストラリア全土で200校以上あるTAFEは、大学と並ぶ高等教育機関。州ごとに運営され、「仕事で即戦力となれる人材を育成する」という方針の元で実践的な知識やスキルを学ぶことができます。日本の専門学校との違いは、政府が運営する公立機関であること、様々な分野の学科が一ヶ所に集まった総合教育機関であること、などが挙げられます。

TAFEの専門コースは、半年の短期コースから3年の長期コースまで、学科や目指す資格によって様々です。

TAFE留学のポイント

国内外で通用する資格が取れる

TAFEを卒業すると、Certificate(修了証明書)やDiploma(準学士号)などの資格が取得できます。これらは国内はもちろん、海外でも広く認められています。

即戦力スキルが身につく

TAFEでは常に最先端の知識が得られるだけでなく、充実した各種設備を利用した実地研修の機会も多くあります。学校によってはワークエクスペリエンス等で実戦経験が積めるなど、真の実力が養えます。

学生の大多数がローカルの学生

もともとTAFEは、オーストラリア人が仕事のスキルを学ぶために生まれた職業訓練校。学生のほとんどがオーストラリア人で占められ、留学生は全体の10数パーセントと、英語環境で学ぶには最適です。

大学への編入も可能

特定のコースでは、TAFE修了後に大学2・3年次に編入することも可能です。また場合によっては、大学に直接入学するよりもTAFEから編入した方が、卒業までの費用・期間の短縮になることも。こんな柔軟性も大きな魅力です。

TAFEへの入学条件は?

一定レベルの英語力が必要

IELTS(アカデミック)5.5点以上、TOEFL 530点以上のスコア、またはTAFE独自の英語力判定テスト(ISLPR)をクリアしなければなりません。また、高校卒業程度の学歴(英文の成績証明と卒業証明)の提出も必要です。