Skip to content

特集:ブリスベン・ゴールドコースト(クイーンズランド州)留学の魅力

燦々と輝く太陽の光の元で学ぶ留学と言えば、ブリスベン・ゴールドコーストのあるクイーンズランド(Queensland)州。クイーンズランド州は、Sunshine State(サンシャイン ステート)とも呼ばれ、暖かい気候と多くのアクティビティに恵まれています。自然をこよなく愛する人にとっては絶好の生活の地として注目を浴びています。

クイーンズランド州は、経済、文化の発信地である州都ブリスベン(Brisbane)と観光名所が随所に散りばめられたゴールドコースト(Gold Coast)、大自然の中での生活が満喫できるケアンズ(Cairns)の3つの特徴的な都市を抱えています。

ブリスベン&ゴールドコースト、クイーンズランド州で英語を勉強する

開放的な雰囲気でアクティビティに事欠かないクイーンズランド州での英語学習。クイーンズランド州は、比較的ヨーロッパ系の学生が多く、国際色豊かで様々な文化交流の機会に恵まれることでしょう。

多くの学校が、州都ブリスベンとゴールドコースト、そしてケアンズに集中していますが、その他にもサンシャインコーストやトゥーンバなどの地方都市にも語学学校があります。勉強する場所としての選択肢が多く、その地特有の楽しみも多いのがクイーンズランド州での英語学習の特徴です。

ブリスベン&ゴールドコースト、クイーンズランド州の学校の特徴

クイーンズランド州には、8つの大学と15のTAFE(Technical and Further Educationの略称でQLD州立の専門学校)、その他にビジネスカレッジがあります。

特にTAFEは、ビクトリア州と同様に各TAFEが独立した教育機関として運営されています。他州のTAFEは、窓口は一つ(例: TAFE NSWやTAFE WA等)で管理されていますが、クイーンズランド州のTAFEは、その一校一校が独自に学生を受け入れ、各々の独自性を表現する為に教育水準を高めようと努力しています。

学生にとっては、多くの選択肢の中から質の高い州立専門学校のコースを自由に選ぶことができるのが利点です。

クイーンズランド州で学ぶ特徴的なコース

観光産業の担い手としてTourism & Hospitalityを学ぶ

クイーンズランド州ならではとも言える特徴を持つ講座に目を向けてみると、まずクイーンズランド州の代表的な産業であるTourism(ツーリズム:観光業) & Hospitality(ホスピタリティ:接客業)系のコースが各学校で充実している点が見逃せません。

大学から見ていくと、James Cook大学(タウンズビル)はオーストラリアのツーリズム分野の草分け的存在であり、他の大学よりも先駆けてツーリズムを学問として大学講座に取り入れた経歴を持っています。

University of Queensland は、近年イギリスの Bournemouth 大学よりツーリズム分野の専門教授を呼び、Ipswich(イプスウィッチ)キャンパスに観光学研究所を設立して学部の発展に力を注いでいます。また最近の話題としてGriffith大学(ゴールドコースト)にてサーフィン学士が取得できるコースを開講したのも記憶に新しいところです。

その他ほとんどのTAFEやビジネスカレッジにてツーリズム&ホスピタリティ系のコースが開講されており、実務経験の機会に事欠かない環境が整っている点が他州で同コースを学ぶよりも大きな利点だと言えます。Gold Coast Institute of TAFEでは、リゾート地で働く人に向けて開講されているDive Resort Managementコースが開講されている等、学習に適した環境と地域性を利用したコースを開講しています。

通訳・英語教師講座など言語系学習に適した教育機関

次に、通訳、英語教師講座など言語に関わるコースが充実している点も特徴的です。ブリスベンにあるSouthbank Institute of TAFE(ブリスベン)では、6ヶ月で Diploma と通訳資格が取得できる Diploma of Interpreting が開講されており、同期間で同学位、同資格が取得可能なのは、オーストラリアではこことメルボルンの RMIT TAFE コースの2校だけしかありません。

Diploma of Interpreting コースを卒業すると、オーストラリアの通訳資格である NAATI(National Accreditation Authority for Translators and Interpreters)の Paraprofessional レベルの資格取得が可能となり、語学留学の総仕上げとして留学生に最も人気のあるコースの一つです。

また、英語教師養成講座の選択肢としても、上記で紹介した Southbank Institute of TAFE と North Brisbane Institute of TAFE(ブリスベン)にて CertificateⅣ in TESOL が開講されており、半年で英語教師資格(TESOL)が取得可能です。

TAFEレベルでTESOL資格が取得できる教育機関は上記の2校のみで、大卒資格を持たない学生がTESOL資格を取得する上で最も近道な方法として注目されています。

芸術や自然科学を学ぶ

クイーンズランド州は、芸術の振興と自然科学の探求にも力を注いでいます。Griffith大学(ブリスベン)は、ブリスベン市内から徒歩10分ほど離れたSouthbankにある音楽院(Queensland College of Art)と芸術院(Quensland Conservatorium)の運営に参加しています。Southbankは、2002年に数億ドルを掛けた大開発によって、クイーンズランド美術館(Queensland Art Gallery)、州立図書館(State Library)、博物館(Museum)、演劇複合施設(Performance Arts Complex)、ブリスベン博覧会場(Brisbane Exhibition Centre)、コンベンションセンター(Convention Centre)などが建立され、文化・芸術・経済の中心地とした役割を担っています。そのSouthbankで多くの学生が明日の芸術家を目指した創作活動に従事しており、その活動はオーストラリア国内だけではなく海外からも非常に高く評価されています。

また、自然科学の探求の地としてもクイーンズランド州は絶好の条件を備えています。 広大な土地とユニークな生態系を誇るクイーンズランド州には、日本では研究できない特殊な研究が盛んで、その中でも Marine Biology 分野では James Cook 大学(タウンズビル)にてグレートバリアリーフの生態系調査を行っています。グレートバリアリーフと言えば、近年の大ヒット映画「ファインディング ニモ」の舞台とて有名ですが、同大学ではグレートバリアリーフに生息する小動物の生態調査や環境保全活動などに力を注ぎ、オーストラリア固有の特徴を活かした様々な調査が行われています。

クイーンズランド州は、観光だけではなく勉強する場所としても様々な機会を提供している興味深い地域です。ブリスベンでは言語・芸術関係の学習に適し、ゴールドコーストは学習と実践の機会が得られ、そしてケアンズやタウンズビルでは自然環境を活かした学習と各都市の特徴を活かした留学を目指すことが可能です。

留学する場所として多くの魅力を持ったクイーンズランド州で、思いっきり興味のある分野の学習をしてみるのはいかがでしょうか?

クイーンズランド州(ブリスベン・ゴールドコースト)の学校・コース