Skip to content

オーストラリア留学 体験談

全ての留学タイプ, 全てのコース, 全ての都市 に一致する体験談を表示

189件の体験談が見つかりました。

授業体験: Commercial Cookery - Box Hill Institute of TAFE(メルボルン)

今回のクラスはコマーシャル・クッカリーです。このクラスが始まって5週間目、学生たちにとっては今夜がレストラン・デビューの大切な日。キッチンには緊張感と熱気が満ちています。この学校では、ホスピタリティーの学生の実習を一般のお客様に公開していて、この夜のテーマは「夏のクリスマス」、50人のお客様のために料理を出します。前菜、野菜、3種類のメイン、デザートをみんなで作るのが課題です。

授業体験: Diploma of Interpreting - Ozford College(メルボルン)

今回は新設の通訳コースにお邪魔しました。クラスの人数はたったの4人。そのうち3人が日本人、もう1人は中国人です。担当のスルタン先生は現役バリバリのトルコ語の通訳で、しかも教師経験も豊富。程良い緊張感の中にも学生を伸ばそうとする意欲に溢れています。

授業体験: Diploma of Business - STOTT'S College(メルボルン)

授業のはじめに、先生が学生用の個別ファイルを持って教室に入って来ました。レクチャーでチャプターを終えるたびにその内容に関するケーススタディーを提出することになっています。これまでに4チャプターを終えているので課題は4つ。先生が一人ずつの名前を呼んでファイルをチェックして進行状況を確認していきます。中には既に提出したレポートを「内容がまとまっていない」という理由で返却されている学生もいて、厳しいムード。続いてチームワークでのアサイメントの進行状況も確認して授業に入ります。このチームでのアサイメントというのは、同校のサティフィケートコースで学ぶオーストラリア人学生グループとの共同プロジェクトなのだそうです。

授業体験: TAFEビジネス英語コース - Holmesglen Institute(メルボルン)

今回は、実業に強いホルムズグレンの持ち味を活かしたビジネス英語コースに参加してきました。今日の授業はコンピューター・ラボ。週2回はコンピューターを使った授業です。このコースは2月に始まったばかりなので、学生たちもようやくクラスに慣れ始めたところでした。コンピューターは、もちろん一人1台ずつで、まず各自のEメールをチェックする時間が与えられていました。

授業体験: 通訳コース - Southbank Institute of TAFE(ブリスベン)

ブリスベンのSouthbank TAFEで通訳コースを体験した乾さん

私が突撃体験したのは、サウスバンクにあるTAFEの通訳コース。ここではアジア圏の言語と英語を通訳するために必要な知識が得られるだけでなく、普通なら取得に2年近くかかるディプロマが半年、さらにオーストラリアでの通訳資格NATTI Para-Professional取得が目指せるという夢のようなコースなのです。さて、授業の内容はいかに?

授業体験: TESOLコース - Brisbane North Institute of TAFE(ブリスベン)

ブリスベンでTESOL(英語教師)コースを体験した檜谷さん

セントラル駅にほど近いBrisbane North Institute of TAFE。私は、ここの英語教師コースに突撃体験をしました。このコースの魅力は、何と言っても“英語教師になるための近道「TESOL」資格が取得できる”ところ。多くの語学学校では、この資格を採用条件のひとつにしているようで、世界120カ国以上で認められている英語資格だそうです。早速、教室を覗いてみましょう!

専門留学体験談: 通訳・翻訳コース RMIT TAFE

メルボルンのRMIT TAFEで通訳・翻訳コースに通う遠藤さん

最初は1年間の語学留学でオーストラリアに来たのですが、1年間の語学留学を終えて日本に帰国しても、就職の際にこれが出来ますと言えるものがまだ無い気がしてたんです。今後、どうしようかと考えあぐねていた時に、RMITの通訳コースをMTSCセンターで見つけたんです。このコースは、期間も半年で短いし、英語の実力も今より上がると思ったので、今の私にはぴったりのだと思い入学を決めました。

専門留学体験談: TAFE チャイルドケアコース Swinburn University TAFE

メルボルンで専門留学。TAFEでチャイルドケアを学ぶ宮崎さん

昔からチャイルドケアに興味があって、いつか学びたいと思っていたんです。チャイルドケアは、日本でももちろん勉強できるのですが、私は英語にも興味があって、英語も勉強したかったんですね。実は、今回の留学最終目的は、チャイルドケアを勉強することと決めていたんです。ですから、私にとっては念願かなってのSwinburn大学のチャイルドケアコース入学となりました。

専門留学体験談: TAFEマーケティングコース Holmesglen Institute

メルボルンのTAFEでビジネス(マーケティング)を学ぶ森さん

まず、ビジネスって何なんだろうってところから始まって、コースを選ぶ前に、いろんな友人や知り合いに会って尋ねまわりました。実際に正確な答えは得られませんでしたが、自分の中での興味は広がりました。じゃあとりあえず、どんなものなのか挑戦してみようという気持ちで、HolmesglenのDiploma of Marketingに入学を決めました。

専門留学体験談: 環境学コース Chisholm Institute

メルボルンのTAFEで環境学を学ぶ片倉さん

Diploma of Environmental コースを選んだ理由は、以前から、理数系、特に気象学や地学などに興味があったからです。自分が、大学などで学ぶことがあればこういった分野を学びたいという思いを持っていましたから。もともと、英語にもすごく関心があったし、いつかは留学するだろうという気持ちは常に持っていましたし、ですから、日本から渡豪する際には、すでにオーストラリアでの大学進学をふまえて進路を考えていました。

専門留学体験談: マルチメディアコース - ケンブリッジ・インターナショナル・カレッジ

メルボルンのCICでマルチメディアを学ぶ田中さん

コースがマルチメディアなので科目がいくつかある中で、課題は全部、ムービーを作るとか、アニメを作るとか、ウエッブサイトを立ち上げるとか、今まで全然経験のないことばかりです。大学の頃は専攻が国際文化学科だったので、課題といえばレポートなどしかやったことがなくて、初めてクリエイティブなことを経験して、難しいですが、とにかく楽しくて、こんなに楽しいことがあるんだなと実感して、のめりこんでいます。まだまだ全然できないんですけど。 できたらこの先も日本に帰ってから関係のある仕事ができたらいいと思っています。

専門留学体験談: Holmesglen Institute 建築コース

メルボルンへ専門留学。Holmesglen Instituteで建築学を学んだ井上さん。

建築に関することにずっと興味があり、日本でも建築を学び、 建築会社に勤めていた経歴があります。高校時代には園芸高校に通い造園設計を学び、その後は専門学校で建築を学びました。卒業後は設計会社に3年程勤めていました。ですから、現在のコース選択には、過去の経歴と僕自身のいまだ消えない建築への興味が影響していると思います。

授業体験: 進学準備コース - AMES International(メルボルン)

移民のための英語教育で実績を持つAMESは、多文化国家オーストラリアには、不可欠な存在。その実践的な英語教育には定評があります。AMESのコースは 10週間単位で、テストの結果によって、クラスが入れ替わるシステム。常に評価されるので、学生はみんな一生懸命勉強しているそうです。今回は、進学準備コースの中でも一番上のクラス、来年から大学院などに進学予定の人たちのクラスにお邪魔してみました。

授業体験: ESL(進学クラス) - Melbourne International College(MIC)(メルボルン)

とにかく明るい雰囲気のクラスです。担任のアンドリュー先生は世界を旅したニュージーランダーで、声が大きく、学生の間違いもジョークにしてしまうパワーの持ち主。学生達も負けずにジョークで切り返しながら、楽しく授業が進んで行きます。

授業体験: ケンブリッジ検定対策コース - GEOS Melbourne College of English(メルボルン)

旅行や買物のサバイバル英語なら大丈夫だけど、次のレベルに達するには目標を持った勉強が必要。そんな前向きな人にぴったりなのが、このケンブリッジコースかもしれません。今回体験して、このコースなら自然に英語が上達しそうだと実感しました。

授業体験: 進学準備英語コース - Victoria University (メルボルン)

今回はまず、拡大されたばかりの自習センター(Self Access Center)にお邪魔しました。 ここでは学生さんたちが毎週自習時間を過ごすのですが、自習というのはマンネリになりがちです。その対策として、この学校では最初に個別データを登録して伸ばしたい分野を明確にし、クラス担当の先生とナディアさんの協力で効果的に学習できるように配慮されています。

授業体験: VIVA Biz - VIVA International College(ブリスベン)

今回は、クィーンズモールにある、VIVA International College(以降VIVA)で開講されている、Business English コース"VIVA Biz"に参加してきました。

授業体験: 一般英語Advancedコース - International College of Queensland Australia(ICQA)(ブリスベン)

きめ細かい対応が評判のICQAで一般英語コースの授業を体験した宮城さん

「語学学校に突撃」ということで私、ちょっと懐かしい気持ちです。だって語学学校に行くのは前回の来豪時以来。最近はどんな授業をしてるのか見るのが楽しみです。伺ったのは、校長先生が日本人なので対応がキメ細かいと評判のICQA(International College of Queensland Australia)。今回は一般英語Advancedコースを体験しました。

授業体験: Intensive General English Program - Australian College of English(ブリスベン)

ACE は、ブリスベン、シドニー、パースに全5キャンパスを持つ大規模な英語学校。英語オンリー制度をとっているので、学内では母国語を話すことが禁じられています。この制度は学生が自主的に学校に提案して制度化されたものだそうです。ここで勉強する学生の熱意が学校を動かしたのですね。

授業体験: Pre-Intermediateコース - Gloval Village(ブリスベン)

ブリスベンの人気校、VIVAの語学コースに体験入学した市川さん

MLB(メジャーリーグ)審判になるのが夢の市川です。語学学校で授業を受けるのは、以前アメリカで6ヶ月間通って以来。ちょっと楽しみです。僕が突撃するGlobal Villageは"多国籍&低授業料"が特徴で、入学待ちが出るほど人気だとか。選択授業はもちろん各種パーティーも充実の様子。実際の授業はどうなのか、僕の目で厳しく判定しましょう!

ページ:前へ2345678910次へ

条件を絞って検索

留学タイプ別に体験談を探す