Skip to content

オーストラリア留学 体験談 大学留学

大学留学, 全てのコース, 全ての都市 に一致する体験談を表示

12件の体験談が見つかりました。

【体験談】Bachelor of Commerce

Ernest Yen

AMIでの大学の授業は本当に楽しく、何か問題にぶつかった時には、いつでもすぐに助けてくれる教師がここにはいます。教師陣はみんな本当に私をケアしてくれて、とても感謝しています。AMIで大学のコースを終了することが出来てとても満足しています。 もし、教師からのしっかりしたサポートがある環境で大学の勉強をしたい方には、私はAMIで就学することを強くお勧めします。

【体験談】Bachelor of Business Studies

Ryuhei Nomizo

少人数制で、授業は基本的にパワーポインターを使いながら先生がそれに説明をいれ、 分からなければ生徒が質問をしたりと、生徒と先生の距離が近く、しっかり学べます。

【留学生インタビュー】 揚岩 沙弥さん グリフィス大学 - Bachelor of Arts in Language and Applied Linguistics

「ボリビア留学で感じた、もっと広い世界を見たいという思い、ヨーロッパなど他国からの留学生との英語力の差を実感し、大学は英語圏であるオーストラリアを選びました。ボリビアで一からスペイン語を覚えて以来、語学に対する意識が『勉強するもの』から『Communicationに必要な手段』に変わりました。日本で勉強した英語って知識としてはあるけど、いざ会話をするって時に頭でっかちになってしまって話せないんですよね。」

【留学生インタビュー】 坂梨 清史さん - QUT - 医用工学

坂梨 清史さん - QUT - エンジニアリング(メディカル)

「医用工学なら医学にある限界を超え、たくさんの人々を助けることが出きるのでは?という可能性を感じ、絶対に大学では医学工学を勉強したいと決意しました。日本では医学工学を学部レベルで提供していた大学が少なく、諦めきれずオーストラリアに留学することに決めました。」

【留学生インタビュー】 尾関 美佳さん - グリフィス大学 Bachelor of Arts in Language and Applied Linguistics

グリフィス大学で言語学を学ぶ尾関さん

「言葉からその国に興味を持ち、文化や習慣を知りたいと思う時、道ですれ違った人の会話が理解出来た時、日本と多言語・多文化との違いを発見した時、他国の人たちと繋がるチャンスをくれるこの専攻を選択して本当によかったと思います。将来はいろんな国に住んで、いろんな世界を見たいと思っているので、勉強しながらも、実際その国に行くときのことを考えてはドキドキしています。」

【留学生インタビュー】 前田 華奈さん - Queensland University of Technology(QUT) (Mass communication)

前田 華奈さん

「『海外の大学に行く』と決めたのは、進路を決定する高校2年生のとき。それまで大嫌いだった英語が、母の勧めで始めた英語レッスンのお陰でおもしろくなってきて、『どうせならちゃんと英語が話せるようになりたい』、『日本の英文科で英語を学ぶより、英語を使って何かしたい』という気持ちと、『私は追い込まれないと勉強しないタイプ』という理由で決めました。」

【授業体験レポート】 Deakin TV - ディーキン大学

テレビ番組製作について学べるDeakin TV

キャンパス内に本格的なテレビ・スタジオがあるのはビクトリア州の大学では二つしかなく、最新技術が導入されているのはここディーキン大学だけ。授業では番組製作技術やジャンルごとの番組制作、その歴史などが学べ、グループで体験学習します。

【授業体験レポート】 モナシュ大学 - Bachelor of Visual Communication

Visual Communication - Monash University

授業はレクチャーよりも各チュートリアルという小クラスがメイン。毎週課題を与えられ、より良いポートフォリオを作成し社会へ出て即戦力として仕事ができるように勉強をします。アサイメントはたっぷり出され、コンピュータ室に丸一日こもったり、友人と共に学校にかんづめ状態になることもしばしば。とてもハードな学部に聞こえますが、生徒にとっては好きなアートに専念することができ、とても幸せそう。

【授業体験レポート】 Australian Catholic University ブリスベン - 看護(Bachelor of Nursing)

ブリスベンでACUの看護コースを体験した聡子さん

看護師を育成する大学として、ACUはその極めて高いクオリティが評判です。卒業生の就職率はオーストラリアの大学No.1のようで、その理由は生徒数の徹底した制限や実用的なワーク、現場実習(無給)を含んだ授業内容にあるとか。日本で十数年の看護師経験の後、QLDで看護研究を目指して勉強中の私が、その授業ぶりを診てきます!

授業体験: 看護学部 - Australian Catholic University(メルボルン)

看護学部2年生の「セラピューティック・コミュニケーション」のクラスにお邪魔しました。ACUの看護学部は入学基準も高く、卒業生も優秀な実績を挙げているそうです。日本の看護学校のような堅い雰囲気ではなくカジュアルな感じです。

【留学生インタビュー】 高橋 きよみさん - La Trobe University - Master of Eduction

娘さんと一緒にメルボルンで大学に通い、教育学を学んだ高橋さんにお話を伺いました。

【留学生インタビュー】 三井 洋さん - La Trobe University - Bachelor of Social Work

メルボルンのラトローブ大学でSocial Workを勉強する三井さん

日本の大学では社会学を専攻。大学卒業後、少年院の指導員の仕事を通して興味を持ったソーシャルワークの資格取得と英語の勉強のため、オーストラリアへ留学を決意。メルボルンのラトローブ大学でソーシャルワークを学んだ三井さんに、学校や生活についてのお話を聞きました。

条件を絞って検索

留学タイプ別に体験談を探す