Skip to content

【留学生インタビュー】 高橋 きよみさん - La Trobe University - Master of Eduction

2006年08月22日掲載

メルボルンへ親子留学。ラトローブ大学で教育学を学んだ高橋さん

娘さんと一緒にメルボルンで大学に通い、教育学を学んだ高橋さんにお話を伺いました。

ラトローブ大学の教育学部を選んだ理由は?

私がMaster of Eduction コースを選んだ理由は、私のバックグランドからですね。私は、もともと教育に携わる職についていまして、日本では中学の英語の教師なんです。ですから、興味のある異文化交流ということも含め勉強するなら、Eduction と決めていました。でも、専攻は決まっていましたが、数ある大学の中から一つの大学を選ぶのには慎重になりましたね。

今の大学を選ぶ前に、3年程前、日本からオーストラリアとニュージーランドの大学に下見に行きました。ニュージーランドでは、クライストチャーチ、ウェリントン、オークランドの3つの大学を見学に行き、ここメルボルンでは、今の大学を含めて2校の大学を見学しました。何故、La trobe Universityに決めたかというと、見学に行った時の印象がすごく良かったんです。まずは学校の雰囲気と、後は何と言っても教授を含めスタッフがすごく親切にして下さって。見学に行った際、直接、教授ともお話ができ、入学後の勉強について不安になる事もたくさんあったのですが、いろいろと参考になるお話を聞くことができて、すごく勇気づけられたんです。 ここLa trobe Universityなら、今後の厳しい勉強生活も何とか乗り切れるだろうと、自分との相性の良さを感じたので決めました。

ラトローブ大学に入学するまでの道のりは?

かなり長期的に留学計画をしましたので、日本でもそれなりの準備はしていました。とりあえず大学に必要な英語のレベルを調べて、日本でTOEFLのテストを受けてみました。そしたら、必要なレベルに全然達していなくて、これでは・・と思って、TOEFLの通信教育をやり始めました。期間は、約半年ぐらいだったと思います。といっても、当時は仕事との掛け持ちでしたので、なかなか勉強する時間が取れなくて進みませんでしたけど・・。

あとは以前にも、イギリスやアイルランドなど、1ヶ月~3ヶ月の短期留学に2~3度行っていたことがありますので、語学留学は始めてではないんですけど、海外の大学で勉強するのは、今回が始めてでした。

メルボルンに来て、大学に入学の前には、3ヶ月間大学付属の語学学校に通っていました。正直いって、ここでの勉強はメジャーコースより大変でした。大学入学準備の為のアカデミックコースだったので、本当に、寝ている時以外は勉強していた感じですね。毎日、毎日、マメに宿題はでるし、さらに、エッセイやレポートの提出もあるしで、何時間やってもやっても終わらない状態でした。本当に一生分、勉強したような気分です。でも、ここで鍛え上げられたからこそ、大学の専門課程に入ってから苦労しないで済んだのは確かですね。日々追われる課題の締め切りのプレッシャーにも負けない、自分自身のコントロールと時間のコントロールの方法も身に付けました。この時期があったからこそ、自分自信にやっていける自信がついたっていうのでしょうか・・・。

留学生活で楽しいこと、大変なことを教えて下さい

先程もお話したように、語学学校では辛い思いをしましたけど、その間は、クラスメートに励まされたり、勇気づけられたりして、良い思い出もたくさんできました。学生もいろいろな国からやってきますし、彼らと接することで異国の文化も学び事が出来ましたしね。年齢差があっても年齢に関係なく、皆、仲良く付き合ってくれました。一緒に食事にいったり、息抜きに皆でパァーと飲みに出掛けたりすることもありましたし、それは楽しかったですね。 助けあって何とか切り抜けたという感じです。

英語もさることながら、語学学校当時は、全くコンピューターのスキルがなくて、キーボードを打つのもままならないし、データのセーブの仕方も解らないしで、七転八倒していたんです。その時もクラスメート操作を教わったり、助けてもらったりで、皆親切にしてくれましたよ。彼らも、私のあまりのコンピュータースキルの無さに同情したんでしょうかね。今だから言えますけど、私の変わりにクラスメートにタイピングしてもらったりもしました。

大学に入学してからは、語学学校の成果あってか勉強に関してはスムーズに行って、学生生活を楽しめましたね。でも、最初の学期は授業の50%しか理解できなくて毎授業テープに録音していました。よくよく周りのオーストラリア人の生徒に聞いてみたら、彼らも「全く解らない」と言っていたのでホッとしましたけどね。先程の話と重複しますけど、語学学校で論文やエッセイなど山のように書いていましたから、書くことにもなれましたし、構成もしっかりできるようになっていましたし。あとは、プレゼンテーションも語学学校の方が厳しかったんですよね。「大学に入ったら、こんな大変なプレゼンテーションもたくさんやらなければいけないんだ。」って思っていたのですが、大丈夫でした。プレゼンテーションもオーストラリア人の生徒は何も準備してこないんですよ。彼らは喋れますからね、言葉で補った発表をするんですけど、私なんか言葉で補えない分、しっかりリサーチして準備して発表するんですよ。彼らと比べて時間を掛けた分、進化を問われると言うか、最終的には良い評価をもらえて嬉しかったですね。でも、何と言っても国際色豊かな生徒と様々な年齢の学生達と学生生活を送れたことが一番楽しかったことかな。

ホームステイでの生活はいかがですか?

メルボルンに来た当初から2年半、ずっと同じ所でホームステイをしていますね。ホストファミリーは、オーストラリア人の50歳前後のご夫婦です。ホームステイにもいろいろあって、中には残念な話も耳にしますけど、私は本当に恵まれていて彼らにはとても親切にしてもらっています。

ホストファミリーは、オーストラリア人の50歳前後のご夫婦です。ホストマザーが日本に留学した経験もあってか、日本の文化にも理解を示していますし、日本語も喋れるんですね。私の場合は、中学生の娘も一緒に留学していますから、英語が解らない最初のうちは、日本語で会話してくれていましたね。娘が徐々に英語に慣れていった時点で、会話が英語に変わりました。困っている事があったら、必ず相談に乗って手助けしてくれる、本当に親切なご夫婦ですね。

来豪当初、ビザの事で困った時には、移民局まで一緒に出向いてくれて交渉してくれたり、娘の学校探しで困ったりした時も、一緒に学校探しを手伝ってくれたりしました。週末には、グレートオーシャンロードなどの観光地にも、連れて行ってくれたりもしましたね。夜遅くなる時は、ホストファーザーも車で迎えに来てくれたりもしますよ。あとは、娘が寂しいから犬が欲しいって言ったら、犬も飼っていいよっていってくれて。本当は、娘が言い出したのに、彼らも、きちんと面倒見てくださってね。私もガーデニングが好きだっていったら、家の庭の一部を私専用にしてくれたりもしました。ホストペアレンツも自分の娘のように可愛がってくれていて、今では、すっかり家族の一員みたいになっています。日本に帰国する時は、娘は置いて帰ってくれって、言われているぐらいです。

彼らとは、本当に良い出会いになりました。やはり、ホームステイの良いところは、その国の暮らし・異文化をそのまま体験できることだと思います。

学校が休みの日には何をしていましたか?

ホストファミリーと過ごす事も多かったですね。ゴルフに連れて行ってもらったり、彼の家族がホリデーハウスを持っていて、そこで長期休暇を一緒に過ごしたりなどもしました。日本ではしていなかった事も、ここオーストラリアに来て始めるきっかけになりました。ゴルフもその一つですし、週末のホームパーティーなんかもそうですね。仲間うちでわいわいがやがやとお互いの家を開放しあって週に1度はやっている感じですね。パーティーですから、勉強以外の話をするきっかけにもなりますし、日頃言いにくい事が話せたりとか、英語が上手く話せないというネガティブ思考の気持ちもパーティーの雰囲気に盛り上げられて薄くなりますね。何だか、英語が上手くなったような気持ちになりますよ。ホームパ-ティーは、いろいろな国のいろいろな世代の人達と出会う良い機会だと思いますね。

あとは、オーストラリアのワインに魅せられてます。週末には、ワイナリー巡りもたくさん行きました。簡単に表現するとオーストラリア産のワインは、ナチュラルで濃い感じですね。防腐剤が入っていないので、ぶどうそのままの味がしてフルーティーです。今回日本に帰国する際も、たくさん持って帰る予定でいます。日本に居る家族が、持って帰るのを楽しみに待っているんですよ。

留学生活(卒業)後の目標や夢について

大学は既に卒業し、今回一度日本に帰国するのですが、最終的に基盤となる国はオーストラリアなのか日本なのか、またはオーストラリアと日本を往復する生活になるのかは今は決めていないです。仕事の方もまだ定かではないのですが、新しい事を始めても良いかなという思いもあります。と言いましても、エデュケーションに関連することなのですが、そうですね、できればオーストラリアやニュージーランドと日本を結ぶ仕事をしたいですね。具体的には、中学生や高校生の子供達が、海外に住むきっかけのお手伝いが出来たらと思っています。そういう気持ちを持っている子供も日本に多くいると思うのですが、実際どうしたら良いのか解らないという子供達の手助けが出来れば良いなと思っています。

私と同世代の方は、ある程度社会通念とか価値観とか固まってきていますよね。それを打ち砕くのはもうすごく難しいし、おそらく日本にいたのでは出来ないと思うんですよね。でも、海外に出てみて1年・2年と生活していく中で違う発想もしてもいいや、こんな生活もあるな、などいろいろなものを見る・知る、きっかけとなると思います。留学は、人生を変えられるとでもいうのかな。私は、子供にも大きい人間になって欲しいという希望もありましたし、子連れであっても可能性はあることだと思います。

では最後に、MTSCを利用した感想を教えて下さい

日本在住中からメールでやり取りをしながら留学の手続きをして頂きました。私の場合は、私だけではなく娘も一緒の留学でしたから、不安な点もたくさんあって、こんな細かい事までと思うような事もカウンセラーの方にメールで質問しました。毎回、いろんな的確な助言をして下さって大変心強かったです。

英語圏での生活だから、海外で生活しているから日本人との関わりを避ける方も多くいらっしゃると思うのですが、私の個人的な見解で話をさせて頂くと、日本人同士での情報交換もすごく重要だと思います。何も知らない場所に来て、自分一人で情報収集をしていたらどれだけの時間を費やしたら自分の欲しい情報に辿り着けるのか検討もつかないですよね。日本語情報センターであるMTSCを利用したら、数分で欲しい情報が手に入るかも知れない。特に、オーストラリアの学校の情報やメルボルンの基本的な生活情報などは確実に手に入ります。ですから、MTSCのような場所を上手く利用すれば自分のメリットにもなりますよね。

高橋きよみさん
Master of Eduction
La trobe University
2003年
生活費チェック!
家賃(光熱費込み): $680/月(+娘さんの家賃$680/月)
食費: $50/月
交際費: $200/月(パーティーなど)
その他: $100(ゴルフ・ヨガなど)
留学タイプ
親子留学, 大学留学
エリア
メルボルン

N/A

この体験談の学校情報



MTSCの留学サポートは無料です。ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。