Skip to content

【留学生インタビュー】 三井 洋さん - La Trobe University - Bachelor of Social Work

2006年08月22日掲載

メルボルンのラトローブ大学でSocial Workを勉強する三井さん

現在の学校またはコースを選んだ理由は?

日本の大学では、社会学を専攻していました。大学卒業後、少年院の指導員として青少年達のカウンセリングなどをしていました。当時は、特に専門的に学んだわけではなかったので、仕事をしながら一つずつ学んでいったと言う感じです。もともと、心理学などに興味があり、問題を抱えている人達・困っている人達の力になれるような職業につけたらいいなという希望がありました。経験上、それにはなんらかの資格があったらいいなと思ったんです。日本でも、Social Workの勉強はできますが、僕の場合は、英語にも興味があったので、それなら両方叶えられる海外で勉強しようと思った事が始まりで、La Trobe University Bachelor of Social Workのコースを選択しました。始めは、Master of Social Workを学ぼうと考えていたんですが、Bachelorだとしっかりした資格が手に入る事が解ったんです。それなら、今後の就職や将来を考えて、 Bachelorを取ることにしました。友達には、ちょっと欲張ったと言ってますけど。

現在通っているラトローブ大学に留学するまでの道のりは?

日本で一番勉強したのは、やはり大学受験の高校生の時ですね。いわゆる、受験英語で、グラマーは、本当に一生懸命やりましたね。大学生の時は、英語を選択しなかったから、自分が思ったより英語を使う場面が少なかったです。でも、その当時から個人的に、英語の勉強をしていました。勉強と言っても簡単なものなんですが、ラジオで英語学習講座を聞くとか英語のラジオ放送を聞くとかしていました。その他には、オーストラリアに来る前の半年間程、英会話学校に週1 回・1時間通っていました。 渡豪してからは、メルボルン大学付属ホーソン・ランゲージ・センターの大学準備コースで約4ヶ月。

その後、将来の進路を考えて、La Trobe University 付属のランゲージセンターに移りました。そこでは、約3ヶ月同じく大学準備コースで勉強しました。自分で言うのもなんですが、日本で英語は本当によく勉強した方だと思います、でも、英語でコミニュケーションを取る、スピーキングの勉強はほとんどしていなかったため、語学学校の生徒と会話するのも、何だか気が引けてしまってました。日本語でも、あまり人と話すことに興味がなかったこともあるかも知れません。ですから、英語でコミュニケーションを取る事に自信ができるまでは相当な時間がかかりましたね。よく言いますけど、英語の勉強は英語のシャワーをたくさん浴び続ける事が一番だと思います。

留学生活で楽しいこと、大変なことは?

やはり勉強は大変ですね、僕の場合は、日本で大学を卒業しているのと、同じ分野で社会経験があるので、3年次からの編入なんです。ですから、最初から授業内容もかなり専門的になっていて、すごく難しいです。授業中に解らない言い回しなどもたくさん出てきますけど、一つ一つ気にしていたらきりがありませんから、大まかに掴むようにしています。クラスメートは、僕以外全員オーストラリア人学生なので、授業の英語もさることながら、最初はクラスメートの英語にもついていけませんでした。ネイティブスピーカーは、日本で習ったような丁寧な言い回しを日常会話には使いませんから。いわゆる口語で、全てが簡素化されてるので、文法的には全く合っていないこともよくありますし。ですから、入学当初は、クラスメートとのコミュニケーションを図るのに必死でしたよ。 Social Workというコースだからなのか、クラスメートの年齢も50歳代から20代始めまで、かなり幅広いので、当初は、人当たりの良さそうな年配の人中心に話をしたりしてました。今では、そういった悩みも時間とともに解決して、ネイティブスピーカーのクラスメートとコミュニケーションを取るのが学校生活で一番の楽しみになりました。

でも、先日、実習授業があったんです。メルボルンの政府の施設で、実際の現場でソーシャルワーカーの実習生として働きました。クライアントには、様々なバックグラウンドを持った人がいますから、悩みを抱えた人達とコミュニケーションを図ることには今でも頭を抱えます。実際の現場は、挫折の連続でしたね。でも、この挫折のおかげで、僕自身は一回り大きく成長できたかなと思っています。僕は、いつになってもネイティブスピーカーにはなれませんから、彼らと同じような生活をして、この国の文化を受け入れて、僕が親身になって彼らときちんと向かい合っていれば、相手には伝わるのだと思うようになりました。

ホームステイ・シェアハウスでの生活は?

渡豪してから最初の4ヶ月間は、イタリア系のホストファザーの家にホームステイをしていました。ホームステイ先は、ホストファザーと僕の2人暮らしでした。2人きりとといっても、通常のホストファミリー同様、ホストファザーである彼が僕の食事を作ってくれて、初めてのホストファミリー生活でしたが、特に支障もなく過ごすことができました。

その後、新聞で探したシェアハウスに入居したのですが、その家の契約主であるシェアメイト同士がもめてしまって、家が荒れてしまった感じになってしまい、そのシェアハウスを出ることにしました。それからは、語学学校で一緒だった友人と3人で部屋を借りてシェアしていましたね。契約は1年間で、1年後、契約が切れたので僕はその家をでましたが、残りのシェアメイトは、新しいシェアメイトと一緒にまだそこに住んでいます。別に、問題があった訳ではありませんが、他に安いところが見つかったので移ることに決めたんです。

日本では、シェア生活はまだ一般的でありませんし、オーストラリアが始めてのシェア生活になります。日本では、大学からずっと一人暮らしで、一人暮らし歴はかなり長いですが、シェア生活も、大きな問題がなければ快適に過ごせると思います。でも、シェア生活には、各自が快適に過ごせるよう、基本的なルールというか大まかなルールが必要だと思います。例えば、共同で使用するものを購入した場合はみんなで折半する、友達を呼ぶ時は事前に知らせておく、とかいうような小さな心使いみたいなものです。ですから、今住んでいるシェアハウスには、このような基本的なルールが存在していますね。

シェア生活のメリットは、生活費を節約できる、広い部屋が借りられる、一定の範囲でプライバシーが保たれる、住む人によっては協調性の勉強になることだと思います。あとは、個人の選択ですが同じ日本人と住むより、いろいろな国の人と住んで、いろんな国の文化を知ることも良い経験になると思います。

学校が休みの日には何をしていますか?

学校の課題などで忙しくなかなか余暇という余暇はとれないのですが、余暇がある時は、映画を見に行ってることが多いですね。日本でも、映画やビデオはよく見ていましたね。以前は、1週間に1度足を運んでいた映画館があったんですよ。

その映画館は、Lygon Stというシティからトラムで15分程離れたところにあって、その付近をぶらぶら歩いたりするのも好きなんです。

あとは、オーストラリアに来てボランティアを始めたんです。僕の専攻がソーシャルワークということもあり、オーストラリアの社会について知識がないと仕事にはならないんです。いろいろな人にあって、いろいろな知識やケースを蓄積していければと思ったのがきっかけですね。ローカル紙で、ボランティア団体を探して募集広告に応募し、その後は、研修・ポリスチェック・リファレンスのチェックを受けた後、やっとボランティアとして参加できるようになりました。

僕の応募した団体が大きかったこともあり、ボランティアとして参加できるまでの道のりは結構険しかったですね。 僕のボランティアは、個人の家にいって、その人の話相手になるというものです。相手は所属の団体から紹介されます。

年齢は50歳代ぐらいから上の方で、メンタルケアが必要な方達です。話時間は約1時間、ボランティアは相手に依存させてはいけないし、相手の言う通り動くわけでもないですから、その辺りの線引きをしっかり引くことが重要だと思いますし、またそこがボランティアの難しいところだと思います。また、いろんな意味での障害を抱えた方達を相手にすることも多いですから、注意も必要ですし責任も出てきます。残念ながら、トラブルになってしまうケースもありますから、ボランティアに参加する際は、ボランティア団体がボランティアスタッフをバックアップできるしっかりした団体かを注意した方が良いと思います。

留学生活後の目標や将来の夢を教えて下さい

あと半年で卒業なのですが、オーストラリアで仕事ができて、永住権が取れれば良いなと思っています。今のところ、日本での就職は、オーストラリアの後の数年後にと考えています。日本でももちろん良いのですが、このオーストラリア生活でいろんな国の人達に出会えることが出来たので、今は日本以外の国で仕事が出来ればと考えています。一生懸命英語も勉強しましたし、英語も生かせる国が良いですね。オーストラリア一筋という訳でもないんですけど、やはり、この国で就職して、永住権を取る事が、今の一番の目標ですかね。

でも、今は就職活動をしている時間が無いので、次回の実習で仕事のオファーがもらえるようがんばります。これは、かなりラッキーなケースですが、こちらでは、実習先で就職するチャンスもあります。あとは本人のやる気と興味次第です。本人次第、これは何処の国に行っても同じですね。

勉強したことを生かして、人の為になる仕事がしたいなと思っていて、なおかつ国際的な視野を持った幅広い人になりたいと思っています。

MTSCを利用した感想を

一番助かった事は、学校の入学手続きを申請する時です。自分で申し込みをすると、必要な書類に困ったり、手続きが面倒だったり、コミュニケーションがうまく図れなかったりして、申請をするのが遅れたり、必要な書類が学校から届かなかったりすることもありますから、申請中不安になったりしますよね。MTSCに手続きをお願いしたら、最初から最後まで、学校と申請者の間に入ってきちんとやり取りをしてくれたので、気を揉むこともなく、スムーズに入学手続きが終わり、本当に安心でした。

あとは、進学の際学校選びやIELTSのテストに関して迷っていた時に、正確な情報と的確なアドバイスを頂けたのが僕にとって、最高の道しるべとなりました。やはり、一人で悩んでいるより、専門家であるカウンセラーに相談するのが一番ですね。

三井 洋さん
La Trobe University
Bachelor of Social Work
2004年
生活費
家賃(光熱費込み): $310/月
食費: $100/月 :交際費: $120/月
その他(ガソリン+携帯電話): $110/月
留学タイプ
大学留学
エリア
メルボルン

N/A

この体験談の学校情報



MTSCの留学サポートは無料です。ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。