Skip to content

【語学留学体験談】 Cambridge International College 一般英語コース

2008年01月24日掲載

CICの英語コースで学んだ宮内さん

最初はオーストラリアにあるMTSCとメールで学校相談をする事に少し不安がありましたが、色々な質問にも直ぐに丁寧にご回答頂け、学校の詳細も日本に居ながらにして分るので、途中から不安は全くなくなりました。

そして、実際メルボルンに来てみると、街はヨーロッパの雰囲気を持つ綺麗な街ですが、外を歩いている人の国籍の多さにビックリしました。街にはヨーロッパ系の方はもちろん、中東、アジア、南米の方々が沢山歩いておりまさにマルチカルチャーな都市だなという感想を持ちました。

haruko-miyauchi-3.jpg学校は、先生、スタッフ共にとてもフレンドリーで最初から緊張する事無く授業に参加することができました。最初に先生が連れて行ってくれた移民博物館で、メルボルンの歴史や何故こんなに移民が多いのかが分り良い勉強になりました。

やはり、英語だけでなく、こういった現地ならでは事が学べるのが留学の魅力の1つですね。しかし、最初に入ったクラスが自分のレベルより高いクラスに入ってしまい授業や、宿題などついていくのがやっとで、楽しみながら勉強したいという本来の目的から外れてしまいました。

そこで、学校の日本人スタッフの方にもう1つ下のレベルのクラスに変更を頼みました。その際もスタッフの方が本当に親身に相談に乗って頂き、対応してくれたのが印象的でした。そしてこの選択が大正解。移った先の先生方の熱意と情熱が素晴らしく、体全体を使ってエネルギッシュに教えてくれるので、学習が楽しく感じられ1日5時間の授業も全く苦にならず、日々の覚えていくことが増えて非常に充実した日々になりました。ただ、ランチスペースやパソコンの台数などが人数の割には少なく、混雑時には待たなくてはいけない事も多かったのがちょっと残念でした。

ホームステイは、最初に希望していた同年代の方という条件とは全く違った家を手配されてしまったが、他の国の人たちと接する機会が多く、フレンドリーな方達だったので、毎日恐れず英語で話すことができ、一緒に買物をしたり、メルボルンカップを見に行くことができたのが良い思い出になりました。

null学校とホームステイのおかげで4週目あたりから英語に自信がついてきたので、趣味のゴルフも自分で予約を入れてプレーすることができました。オーストラリアはプレー料金が非常に安いので気軽にプレーができるのが魅力です。また、ゴルフだけでなく、ミュージカルの予約、自分の症状を話しての化粧品の購入、写真の焼き増しなど積極的にトライして、全部自分で出来るようになりました。これでかなりの自信がつきました。

当初は週末などを利用して遠出の旅行等も予定していましたが、勉強することの楽しさが強くなり、週末もメルボルンで勉強やアクティビティーで楽しく過ごすことができました。

haruko-miyauchi-4.jpg日本に帰国後、友達から「勇気があるね」、「羨ましい」などと言われましたが、英語を学びたいという気持ちさえあれば年齢・性別に関係なく充実した留学をすることができると今回の留学を通して感じました。

全体としては、英語を学ぶということを通して、自分が成長することができる喜びを実感できた。そう思える留学になり本当に大満足の8週間でした。

宮内治子さん
Cambridge International College Melbourne (一般英語コース)
2007/10/29~2007/12/21 8週間
留学タイプ
語学留学, シニア留学
エリア
メルボルン

N/A

この体験談の学校情報



MTSCの留学サポートは無料です。ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。