Skip to content

【授業体験レポート】 IELTS対策(Upper Intermediate) - Global Village

2006年08月29日掲載

静かな雰囲気の中で集中した授業が進む

大学入学レベルの高い英語スキルがバランスよく学べる!!

Gloval Villageは「360度ケア」がモットーの語学学校。授業レッスンのケアはもちろん生徒の住まいや仕事探し、急病時は病院に一緒に付き添ってくれたり、24時間関係者とコンタクトが取れるという驚きのサービスまで充実しています。今回はそんな至れり尽くせりの当校のIELTSコースに突撃! 近々、受講者急増でクラス数が増える予定というその人気の秘密、ちゃんと見てきます!

インドの高校で18年、NZで5年の教えた経験を持つEugene先生インドの高校で18年、NZで5年の教えた経験を持つEugene先生

教室に入るとすでに全生徒が着席。クラスの中に日本人が一人もいない、台湾や韓国、南米系といったナショナリティ・ミックスのとても静かでアカデミックな雰囲気のなか、Readingのレッスンが始まりました。Eugene Pereira先生の英語はとても聞き取りやすく、でも生徒にわかりやすくするためあえてゆっくりと話すでもなく、Native並みのスピードで淡々と授業が進行。ところどころで難しい単語が出てくると、生徒は辞書で調べてもいいのにどんどん先生に口頭で尋ね、また先生も質問を板書したりせず口頭で返したりで、そのやり取りにレベルの高さを感じます。

テキストを使ったYes /No問題では、生徒たちからかなり細かい質問が出て、たとえ答えがYesであってもWHY?と必ず理由を聞くほど。生徒には「この答えの根拠は、何段目のこのセンテンスだ」とはっきりとした確信があるのが感じられ、かなりSpeakingの力もあるし実際、相手を説得できるだけの力量も育っているように思いました。

この授業の前にSpeaking、Listeningを学習、このあとはWritingのレッスンなので、つまり一日に4つのスキルの学習がすべて組み込んであって素晴らしい。早い授業展開で無駄のないレッスンの流れには「コースを卒業して大学に入ることができるだけの力をつけてもらいたい」という先生の意気込みの強さが表れていました。

これからもっと人気がでてくることは間違いないGloval VillageのIELTS対策コース。ひとつ上のスキルを目指す人にぜひ受講して欲しいレッスンです。

コース・ディレクターに聞きました!

D.o.s Pam先生

学生に安心して質の高い授業を受けてもらう努力を惜しまない

D.o.s Pam先生私自身もインドネシア語の勉強のためインドネシアへ留学した経験があるので、留学生の不安な気持ちがよく理解できます。当校の「360度ケア」は、そんな不安な気持ちを少しでも取り除けると考えています。

また学校の質を保つためにいろいろな工夫もしています。特に力を入れているのは、先生のリクルート。実際に先生として授業をする前には中身の濃い研修がありますし、毎月生徒から授業の評価をもらったりしています。

現在、日本人学生は全体の8%ほどと少ないですが、先生からは反応が良く、教えるのが楽しいと聞いています。ぜひ当校でもっとたくさんの日本人に学んでほしいですね。

TOEIC集中コース
期間:2~4週間
※4週間受講でTOEIC受験料無料
留学タイプ
語学留学
エリア
ブリスベン

N/A

この体験談の学校情報



MTSCの留学サポートは無料です。ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。