Skip to content

【留学生インタビュー】 尾関 美佳さん - グリフィス大学 Bachelor of Arts in Language and Applied Linguistics

2007年04月18日掲載

グリフィス大学で言語学を学ぶ尾関さん

留学を通して出会えたたくさんの大切な人たちが今の自分を支えてくれる

オーストラリアで触れることのできた温かい人たちの心

幼い頃からどこか違う国に行ってみたいという思いが強くて、よく新聞などのホームステイ体験などに応募していました。初めてホームステイしたのが中学2年生の時オーストラリアで。それからオーストラリア・カナダで計4回の短期留学を通していろいろな人たちに出会ううちに、「もっと長く海外で生活したい」、「遊びに行くだけじゃなく、もっときちんと勉強したい」と思うようになりました。高校は日本でしたが、留学するつもりだったので迷わず英語科を選び、大学進学をオーストラリアに決めました。でも実はオーストラリアを選んだのは、中学2年の時に出会ったホームステイ先のお兄さんに恋をしていたからなんです。

楽しみにしていた留学でしたが語学学校が始まり、知らない人ばかりの慣れない環境で、授業も難しく…。最初のうちはとにかく不安でした。特に当時ステイしてたホームステイファミリーと合わなくて、結構悩みました。でもその中学2年の時のホストファミリーがいつも相談に乗ってくれたから心強かったです。実はそのホストファミリーには今でもすごく支えてもらっていて、感謝でいっぱいです。

言語学はいろんな人と出会うチャンスをくれる

grrifith-uni-ba-language-and-applied-linguistics-01.jpg言語学を選んだのは、自分の夢をかなえるため。中学の時に通っていた英語の塾の先生に憧れているんです。その先生は授業の教え方も上手でスピーチコンテストの時一緒に残って練習してくれた人柄の良さなど、私にとって理想の先生でした。それ以来、私の将来の夢はずっと「先生」なんです。

そんな「長年の夢をかなえるため」とは言っても、大学が始まったばかりは授業でのストレスと英語の理解力のなさに悩みました。毎日大量に出されるReadingと、がんばっているのになかなか良い点がとれない悔しさに落ち込みました。でもそんな時は分からないこと、不安なこと全てを友達や家族に伝えて、励まし、助けてもらいました。今では、友達にその場で聞いたり、Readingのスピードも上がってきて、少しずつですが上達していると思います。

最初は大変だった大学生活ですが、言語学を専攻したことを後悔はしていません。言葉からその国に興味を持ち、文化や習慣を知りたいと思う時、道ですれ違った人の会話が理解出来た時、日本と多言語・多文化との違いを発見した時、他国の人たちと繋がるチャンスをくれるこの専攻を選択して本当によかったと思います。将来はいろんな国に住んで、いろんな世界を見たいと思っているので、勉強しながらも、実際その国に行くときのことを考えてはドキドキしています。

自分の可能性を信じて自分のペースで夢を掴みたい

人と自分とを比べて自己嫌悪に陥りたくはないんです。ましてや、人と比べて自分の力を過信して成長を止めるのも絶対にイヤ。留学生のみなさんも周りを気にせず、自分のペースで楽しみながらがんばることが一番だと思います。将来はもちろん「先生」になってると思いますが、日本語か英語の先生かはまだ分からないし、どこの国で働いているかも分かりません。ただ、今は将来起こるであろういろんなことが楽しみで仕方ありません。自分の将来のことを考えるとワクワクしちゃうんです。

オーストラリアで1番大好きな家族との思い出の1枚

grrifith-uni-ba-language-and-applied-linguistics-photo.jpg

初めてホームステイした時から今までの6年間ずっと私の心の支えでいてくれる家族。これはホストファミリーの甥の、1歳の誕生日パーティーに招待された時の一枚です。この時は2ヶ月ぶりだったので、たくさん話してストレス発散してきました。

インタビュー後記

好きな男の子を追って留学しちゃったり、「先生」になる夢をずっと諦めないすごく一途な美佳さん。今までの経験、これからの将来のことを嬉しそうに笑顔で話す彼女の未来がとても楽しみです。

尾関 美佳さん
出身地:岐阜県 21歳
学校名:Griffith University (Bachelor of Arts in Language and Applied Linguistics)
生活費:$200/週(住居費$100、食費他$100)
私の留学自己採点
80点 - 自動車免許、英語教師資格の取得やバイトなど、まだやらなきゃいけないことが残っているから
留学タイプ
大学留学
エリア
ブリスベン

グリフィス大学

Griffith大学は、ゴールドコーストとブリスベンに計5つのキャンパスを持つ大学。設備の良さでは非常に有名。Griffithは45つ以上の分野の研究において、世界水準またはそれ以上のレベルを持っている大学として世界でも高い評価を得ている。Griffith大学では、芸術、教育、工学、人文学、法律、科学、看護、環境、情報科学など、あらゆるコースを開講している。中でも、看護コースや教育関係のコースは日本人留学生に人気が高い。

主なコース: ツーリズム/ホテル・マネジメント/教育/看護/ビジネス・経済・会計/デザイン/健康・福祉/建築・設計/法律/科学/生物学/コミュニケーション・メディア/IT・コンピュータ関係/言語/芸術/工学/医学・薬学・歯学/環境/文学・社会学・国際・政治/ホスピタリティ/心理学/スポーツ/獣医学

この体験談の学校情報



MTSCの留学サポートは無料です。ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。