Skip to content

【授業体験レポート】 Deakin TV - ディーキン大学

2006年08月23日掲載

最新設備のテレビ・スタジオ。現場の技術が、ここで学べます。

Deakin大学のなかでもコース数が最も多いBurwoodキャンパス。緑に包まれ、広場が多く、芝生でのんびりしたり、カフェでコーヒーを飲みながら勉強でき、充実したキャンパスライフが楽しめそうな雰囲気。

今回はBachelor of ArtsやBachelor of Contemporary Artsコースの一科目として、今年できたばかりの「Deakin TV」というクラスにお邪魔しました。

4年前、キャンパスに現代美術ビルが建てられて、同時に本格的なテレビスタジオが建てられました。テレビスタジオがあるのはビクトリア州の大学では2つしかなく、最新技術が導入されているのはここDeakinだけ。

授業では番組製作技術やジャンルごとの番組制作、その歴史などが学べ、グループで体験学習します。

クラスの生徒は国際色豊かでインド、ジンバブウェからの生徒もいました。クラスは約25人いて、カメラマン、キャスター、モニター係、音声係といったスタジオ中の仕事を交替しながら勉強します。

今日はコースの初日だったので、映像やせりふはLyn先生が用意していましたが、スタジオの準備、映像の設定、サウンドチェックなどは生徒が行っていました。

映画作りの経験いっぱい、問題なあるときにもしっかり指導するLyn先生。初めてのこともあって、生徒達が緊張し、間のとり方が悪かったり、VTRが必要なときに準備できていなかったりと、なかなか上手くいきませんでしたが、先生が生徒の気持ちをくんで、叱りませんでした。Lyn先生は決して大声を上げず、適切にアドバイスをしていました。

お邪魔した日は、ニュース番組の練習が行われ、実際に製作を体験したあとの生徒達は番組制作の難しさを感じたようです。しかし、授業中はみんなが笑顔で、この初体験を楽しんでいたようです。

コースが進むと生徒が自分で番組制作用の資料を用意し、映像を撮り、スタジオ・セットのアレンジをします。ジャンルごとの製作もやり、最後にクラス全員でグループ・プロジェクトの作品を作り上げます。

テーマを決めて、ドラマやニュース番組、コメディなどを作るそうです。Artsコースの一部なのでほかの授業との関連性もあります。また、地元のコミュニティー・テレビ局の協力で生徒の作った番組を実際に放送してくれるそうです。

実際のテレビ局のスタジオと同じような施設なので実践的な勉強ができ、卒業後こうした業界で働くのはスムーズなはず。自分が将来作りたい番組、映画などの製作技術を身につけるために、このコースで勉強するのはとても有効だと思いました。

学生さんに聞きました「Deakin Universityってこんな学校!」

Deakin TV - リア・ダドルカー さんリア・ダドルカー さん

このコースを勉強するためにインドから来ました。卒業後、ボリウッド(インドの映画業界)で働きたいと思っています。スタジオの設備もすごくいいし、見たことがない最新の機械もいっぱいあります。先生がフレンドリーで話しかけやすく、コースが楽しく、いろんな人との出会いもあります。

Deakin TV - フィディアン チャガオーザさんフィディアン・チャガオーザさん

今アニメーションと映画学を両方勉強していますが、専攻をどちらにするか迷っています!(笑)音楽が大好きなので、アニメーションと動画をミックスした音楽ビデオを作り上げたいと思います。キャンパス・ライフも最高です!

留学タイプ
大学留学
エリア
メルボルン

ディーキン大学

卒業生の安定した就職率とキャリアアップ思考のカリキュラムを育んできた結果が2度の「University of The Year」受賞に結び付いた訳であるが、Deakin大学では、在学中に他のキャンパスのコースを履修できる特典もあり、一定期間に複数の学科の受講が可能である。また、同校からは数多くの逸材を輩出し過去10年間に4人もの卒業生が国民栄誉賞に値する賞賛を政府関係機関より与えられている。

主なコース: 教育/看護/ビジネス・経済・会計/デザイン/健康・福祉/建築・設計/法律/科学/生物学/コミュニケーション・メディア/IT・コンピュータ関係/言語/芸術/工学/環境/文学・社会学・国際・政治/心理学/スポーツ/獣医学

この体験談の学校情報



MTSCの留学サポートは無料です。ご質問・ご相談もお気軽にどうぞ。