Skip to content

親子留学プラン

休暇を利用してのプチ留学から進学を目指す本格留学まで、
オーダーメイドでご提案します。

小学校でも英語教育がスタートし、ビジネスでも英語を使うシーンが急増するなど、日本国内でも英語の必要性は高まる一方。留学したい!子供に小さい頃から国際的な環境を経験させたい!と希望される方も増えています。 でも小さな子供がいるから・・・、まだ子供が小学校、中学校だから留学は無理かも。と躊躇している方、何から初めて良いのか分らないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、留学は小さなお子様がいても、小・中学生でも可能です! MTSCはそんなお父さん、お母さんの願いをサポートします。

親子留学には様々なパターンがあります。ご希望にあったプランをオーダーメイドで無料にてご提案させて頂きますのでお気軽にご相談ください。

親子留学は大きく分けると以下の3パターンに分かれます。

★プチ留学プラン(1週間~12週間)

夏休みや冬休みを使って気軽に留学したいという方向けのプラン。お子様は(6ヶ月以上)チャイルドケアに預けてお父さん、お母さんだけが学校に通うプランや、お子様が5歳以上の時はお子様専用英語コースに入って、親子で英語を勉強することも可能です。(コース入学可能年齢は学校により異なります)。

ビザはETA(簡易観光ビザ)となりますので出発前の準備も簡単です。

★本格留学準備プラン(4週間~12週間)

本格留学を決める前にまずは現地生活が合うかどうかを確かめたいという方向けのプラン。7歳以上のお子さまは私立の語学学校の他、地元の小・中学校に入学することも可能です(条件あり)。もちろん、お父さん・お母さんも英語学校に通う事もできます。

ビザはプチ留学プランと同じETA(簡易観光ビザ)となりますので出発前の準備も簡単です。

★本格留学プラン(4ヶ月間以上) 

学生ビザを取得して、長期留学を希望する方向けのプラン。1年単位での留学はもちろん、高校、専門学校、大学までオーストラリアでご計画の方もお気軽にご相談ください。

お子様が6歳以上の場合はお子様自身が学生ビザを申請することができ、お父さん・お母さんは保護者ビザを取得できます。保護者ビザでも3ヶ月以内の就学ができますので、最近では英語学習以外にも児童英語教師(TECSOL)などの資格を取られる方も多くなっています。

※留学プランにより、弊社提携エージェントに依頼する形となる場合もございます。


オーストラリア・親子留学体験談

【留学生インタビュー】 高橋 きよみさん - La Trobe University - Master of Eduction

娘さんと一緒にメルボルンで大学に通い、教育学を学んだ高橋さんにお話を伺いました。

語学留学体験談: Victoria University付属語学学校 一般英語コース

メルボルンへ親子留学、ビクトリア大学付属語学学校に通った井上さん

最初は、妻からの提案でした。きっかけは、子供が学校に通い始めて、妻が日本の教育に疑問を抱き始めたんです。そしたら、このままこの国で子供を育てつづけていいのかなと、どんどん思いが大きくなってきてしまって、私も妻と相談しているうちに、“子供を海外で育てたい”と同じ気持ちになっていったんですね。


休暇を利用してのプチ留学から進学を目指す本格留学までプランはオーダーメイ ドでご提案します。

親子留学のご準備や学校選びなど、まずは無料留学相談までお気軽にご相談下さい。