Skip to content

政府認定校、その他の認定団体 (CRICOS・ACPET・EA・NEAS)

連邦政府登録制度(CRICOS)

CRICOS(Commonwealth Resister of Institutions and Courses for Overseas Students)

海外留学生の受け入れができる教育機関は、政府認定校としてオーストラリア連邦政府への登録が義務付けられています。CRICOS (Commonwealth Resister of Institutions and Courses for Overseas Students) と呼ばれている機関に登録することにより、 留学生受入れに適した学校として認められ、学生ビザに必要となる入学許可証(E-COE)の発行権を与えられます。 即ち、CRICOSに登録されていない学校では学生ビザを取得できないということになります。 CRICOSへ登録するためには、運営経歴、教育内容、財務状況、施設、授業時間などを細かく審査され、それら全てに適合して初めて登録できます。

現在CRICOSに登録されている教育機関はオーストラリア国内で200校以上あり、オーストラリア連邦政府と各州政府の厳しい審査の元で運営されています。 CRICOSに登録されている学校の広告媒体(学校案内書や広告)には必ず「CRICOS Provider Code」の記載が義務付けられています。

また、留学生を受入れる学校の全ては、オーストラリアが定める法律 Education Services for Overseas Students(ESOS)(海外留学生のための教育サービス法)に基づいて、学生に対しての財政保護を適用することが定められています。 各学校はCRICOSへの登録時にESOSファンド(基金)として保証金を支払うか、TAS(Tuition Assurance Scheme授業料保証スキーム)のメンバーに加入することで、学生授業料に対する財政保護義務を負います。

仮に学校が閉校する事態となっても、学生の授業料は上記の制度で補償され、他校への転校や授業料の返金を無事に行うことができるようになっています。

NEAS (National ELICOS Accreditation Scheme)

NEASNEAS は、オーストラリア連邦政府機関による英語教育機関の認定団体で、オーストラリアの語学学校の教育水準を高め維持することを目的として1990年に設立されました。語学学校がCRICOS認定されるためには、NEAS の認定を受けなければならず、施設、教育内容、クラスの大きさ、教師の資格などにおいて一定の基準をクリアしなければならないため、NEAS認定校では質の高い教育やカウンセラーによる学習、生活相談や滞在先の手配、到着時のオリエンテーションなどのサポートサービスも保証されています。

民間の認定団体

多くの学校は、より厳しい基準を設ける民間の団体に加盟し、さらなる教育の質の向上を図っています。

English Australia (EA)

English AustraliaEnglish Australia は、質の高い英語教育を提供するために設立された民間の非営利団体で、現在、オーストラリア全土の英語教育機関100校余りが加盟しています。English Australia に加盟するには、NEASによる認定を受けた上でさらに厳しい条件を満たさなければならないため、語学学校を選ぶ際には、English Australia への加盟の有無が安心できる学校を選ぶための重要なポイントのひとつとなります。

Australian Council of Private Education and Training (ACPET) (オーストラリア私立教育審議会)

ACPETACPET は、英語教育だけではなく、高等教育、職業教育および訓練を実施する私立校で構成される民間査定機関で、700以上の私立教育機関が加盟しています。

各団体は定期的に会合を開き、加盟校同士の情報交換やワークショップを行って、教育水準の向上や問題解決をしています。学校選びの際には、政府認定校(NEAS認定校)であることに加え、上記のような団体に加盟しているかどうかも、学校の教育・サービス品質を判断する1つのポイントとなります。