Skip to content

国内トップクラスのクオリティ、ビクトリア大学のツーリズムコース

観光立国オーストラリアでTourismを学ぶ。今も昔も非常に人気のあるコースでもあり、ビクトリア州では多くの高等教育機関(大学・TAFE・カレッジ)でツーリズムコースを提供しています。どこも高い教育水準を誇っており、充実したコースを提供していますが、よりクオリティの高い内容を希望する方は、ビクトリア大学 のツーリズムを検討してみるのも良いかと思います。

ビクトリア大学 ツーリズムコースの特徴

Tourism Awards殿堂入りの実績

ビクトリア大学が提供しているツーリズムの実績は旅行業界でも非常に高く評価されており、2001年のAustralian Tourism Awards (Education Category)、1999年・2000年そして2001年の3年連続でVictorian Tourism Awards(Education Category)を受賞、そして殿堂入り(Hall of Fame)の偉業を達成しました。その実績はビクトリア州内に止まらず、国内的にも高く評価されています。

1年間のCo-operative Education

ビクトリア大学のBachelorコースの就学期間は4年間です。しかし、その期間中の1年をCo-operative Educationとして実社会での研修期間が含まれます。学校で得た知識を実社会で試す又とない機会に恵まれています。同大学の卒業生には、Co-operative Educationの期間中に能力が評価され、そのまま海外での就職を勝ち取った学生もいます。

Lonely Planetとの関係

世界で最も読まれている旅行ガイドブックは?と言う質問に「Lonely Planet(ロンリー・プラネット)」と答える人も多いのではないでしょうか。その世界的に有名なガイドブック「Lonely Planet」は、メルボルンで発祥しました。Lonely Planet の出版元はメルボルン近郊の Footscray にあり、そこにビクトリア大学のメインキャンパスがありますビクトリア大学とLonely Planetの創始者Wheeler氏との結びつきも強く、同大学主催の講演会にもよく出席することでも知られています。

学部レベルに昇格することで教授陣とコースの充実を図る

多くの大学でツーリズムコースを開講していますが、その多くがビジネス学部や商学部にある一つの学科として扱われています。しかし、ビクトリア大学ではホスピタリティ&ツーリズムを独立した学部として位置付けています。他の大学に比べると選択できる科目の多様性と教授陣の数が圧倒的に多く、これまでに蓄積した多くのリソースを保有している点でも、ツーリズムの学習に役立つ環境が整っていると言えます。

また、同大学ではTAFEコースも開講されています。ツーリズムを開講するキャンパスはメルボルンから少し離れたWerribeeにあり、設備も年々充実しています。コースは2年のAdvanced Diplomaコースのみですが、大学への編入に対しても最大限の単位移行が可能なので、高校卒業資格の留学生にとっては、スムーズに大学に進学できる道が開かれています。

また、同大学では既に他のTAFEやカレッジでツーリズムを学習した学生に対しての学部編入も積極的に受け入れています。大学への進学を希望している場合は、一度ビクトリア大学を検討してみてはいかがでしょうか?

オーストラリア留学のヒント