Skip to content

今からでも間に合う? 滑り込み大学編入

[質問] 6月にDiplomaコースを修了しました。大学へ編入したいのですが、まだ現在の学校から成績表などが発行されないので大学への出願ができません。今からでも編入の手続きに間に合うのでしょうか?

事前に揃えるべき書類を準備し、対応の早い大学を選ぶことができれば、まだ間に合います。取得された学位を充分に活かした編入が可能です。

6月末でコースが修了する学生の場合、受講したコースの成績表が発行されるのが7月になる場合が多く、学生の中には希望大学の願書提出期日が刻々と迫っている中で落ち着かない時を過ごしている方も多いのではないでしょうか。

特に編入を希望している場合、出願先の学内審査期間を考慮した余裕のある手配をするに越したことはありませんが、肝心の成績表が発行されないと手続きが滞ってしまいます。しかし、成績表の発行を待つだけではなく、その期間に必要な書類を一つでも多く準備することも大切です。

編入の際に必要になる代表的な書類としてSubject Syllabus(シラバス)があります。日本でいう講義概要です。編入審査は、既に受講されたコース内容と受講予定となるコースとの互換性を判断する審査ですので、既に受講されたコース内容についての互換性を証明するためにこの書類が必要となります。

シラバスは、入学時のオリエンテーション時にStudents Hand Bookとして配布される場合もあれば、各学校のウェブサイト等にて入手することもできます。また、TAFEコースを修了している場合は、各大学での単位の審査基準が定まっていますので、より早い審査が行われることも期待できます。

TAFEやカレッジからの編入を積極的に受け入れているラトローブ大学では、編入審査を通常2週間程度で完了できるとのことです。しかし審査はビジネス系学科だと比較的早く審査結果を出すことが可能ですが、アート・デザイン系はそれより時間がかかるそうです。

大学での今期入学申し込み受け付け期間は、学校によって毎年異なるため、TAFEまたはカレッジを修了して編入を希望している学生さんは、すぐにMTSC留学センターまでご相談ください。

オーストラリア留学のヒント