Skip to content

ホスピタリティ 注目のコース

メルボルンのホスピタリティ産業は年々発展の傾向にあり、過去5年の間に雇用需要は40パーセントも上昇したと言われています。現在、 ホスピタリティ関連の産業(ホテル、レストラン、カフェ等)に従事している人口はおよそ9万6千人と言われており、多文化社会が、世界的に有数な質の高いレストランやカフェなどを生み、この産業の発展に貢献していることが言えます。

また、日本との関連に目を向けてみますと、今月より始まるカンタス航空の成田~メルボルン直行便就航の影響で、ホスピタリティ産業の日本人集客を見据えた展開が予想されます。 ホスピタリティ産業が高成長しているメルボルンにて、メルボルンの特徴を活かしたおすすめのコースを紹介します。

5つ星ホテルで、ホテルマンとして必須のマネージメント能力育成を目指す

メルボルン市内にあるSoftelホテルは、世界各国からの各界要人を迎える5つ星クラスのホテルです。Softelホテルは、ホテル業界で働く人材を育成するトレーニング機関であるAcademy Softelを独自で運営しており、世界各地にある同系列ホテルへ人材を供給してきました。

今までは、オーストラリア人のみしかAcademy Softelに参加することができませんでしたが、この度Victoria Bussines Collegeとの提携により、海外留学生にもその質の高いトレーニングプログラムに参加する機会を与えられる事になりました。このプログラムは、マネージメント能力を育成する事を中心に、飲食、調理、人事、会計、マーケティングなど幅広い分野の習得を目指します。さらに卒業生には、Softelホテル関連会社への就職斡旋の道も開かれているのも見逃せません。

  • 入学時期 : 2月/7月
  • 期間 : 1.5年
  • 授業料 : A$15,900

雪山の専門家。アルペンリゾートマネージメント

ビクトリア州は有数の降雪地帯を持ち、シーズン期間中は世界大会も開催される程の良質のスキーリゾート地でもあります。その中でもMt.Bullerは、メルボルンから約3時間でアクセスできる場所にあり、世界各地から雪を求める観光客に人気のスキーリゾート地です。

William Angliss TAFEにて開講されているアルペンリゾートマネージメントは、アルペンリゾートにて働く際に必要となる技術と知識を身に付けるコースで、 ホスピタリティ関連の分野はもちろんの事、スキーやスノーボードのインストラクター技術の習得やスキー場施設のオペレーションも行います。キャンパスは、William Angliss TAFEのCityキャンパスとMt.Buller内にあるLa Trobe大学施設を利用します。

  • 入学時期 : 2月/7月
  • 期間 : 1.5年~2年
  • 授業料 : A$10,400(年間)

オーストラリア留学のヒント