Skip to content

通訳・翻訳コース

[質問] 私は日本では、高校卒業の学位しかありません。将来、通訳・翻訳の仕事をしたいのですが、だからと言って大学に進む余裕もありません。そんな私が通訳・翻訳の勉強できる学校はありませんか?

英語を活かした仕事の花形と言えば通訳。テレビや会議などの舞台で流暢な日本語と英語を駆使して話しを進めていく姿を見て、大いに魅了された方も多いと思います。しかし、通訳の勉強をする為には、大学や大学院などの高学位コースでしか受講できないと思っている方も多い筈だと思います。実は、メルボルンには高校卒業の学位の方でも受講できる通訳コースがあるのです。

MTSC留学センターにて紹介している通訳コースでは、RMITのTAFEコースにて開講されており、同コースは20年以上もの実績を元に実践を中心とした授業形式で将来の通訳士を育成します。オーストラリアの通訳資格であるNAATI(National Accreditation Authority for Translators and Interpreters)レベルⅡの資格が、半年間のDiploma of Interpretingのコースを優秀な成績を収めた学生に与えられます。

NAATI レベルⅡは、日常会話程度でのコミュニケーション通訳の資格で、言わばプロ見習いレベル。しかし、将来プロフェッショナルレベルの通訳になる為の準備コースとして、通訳に必要な基礎知識や技能を習得する目的にデザインされています。Diplomaコースを卒業された学生は、上位レベルのAdvanced Diplomaに進む事ができます。また、高校卒業資格しか持たない学生も、Diplomaコース経由にてAdvanced Diplomaコースに進む事ができます。

ちなみに、本格的な通訳・翻訳資格の取得を目指す方には、上級レベルのAdvanced Diplomaコースがあります。こちらは1年のコースで、NAATIレベルⅢ(プロフェッショナル)コースです。コースは、通訳と日英翻訳、英日翻訳の合計3分野についての技能の向上を目指し、最終的には通訳と日本語⇔英語の翻訳の何れかのNAATIⅢ試験に合格を目指します。

Advanced Diplomaコースでは、NAATIⅢ試験に合格する事が卒業条件となっています。しかしながら、NAATIレベルⅢの資格があればオーストラリアでもプロの通訳・翻訳者として認められる事になり、永住権の取得にも有利に働きます。

オーストラリア留学のヒント

学校情報