Skip to content

TESOLやTECSOLとは?

TESOLとはTeaching English to Speakers of Other Languagesの略で、 英語を母国語としない人たち向けの英語教授法で世界レベルで承認されている英語教授法資格になります。

実際に英語を教える際に持っておくべき言語理論の知識と実践的スキルを身に付けます。TESOLのコースを受講すると、今までは何となく使っていた前置詞などの文法も体系立てて学ぶことができるので、将来英語の教師になりたい方はもちろん、日常会話レベルの英語は問題がないけど、英語が出来るという更に一段高いレベルに挑戦したい方にもお勧めです。

またTECSOLの「C」はChildrenになり児童英語教師になります。通常のTESOLとの違いは、TESOLは文法や語彙など高いレベルまで勉強しますが、TECSOLは対象の児童達にいかに英語に興味をもってもらうかという事にターゲットが絞られ、ゲームや歌などを通してどうやってクラスを作っていくかなどを学ぶことになります。