Skip to content

留学時に保険って必要?

学生ビザで留学する場合はOSHCというオーストラリア政府指定の健康保険に加入することが義務付けられておりますので、自分で保険に入らなくても最低限の保証があります。それでもOSHCは最低限の保障になりますので、多くの方はプライベート保険に加入されています。

一方観光ビザやワーキングホリデービザでの留学の場合は保険は義務付けられてない為に無保険でも留学ができます。

今まで病院に行ったことなどないから大丈夫。いっつも無保険で海外に行っており何も無かったので今回も大丈夫だろう。そういう意見も聞くのですが、確かに保険のお世話になる確率は非常に低いといえます。しかし、事故や病気などはいくら気をつけていても、運が悪ければ家でじっとしていたとしても巻き込まれる事もあります。過去に何も無かったという事はなんら将来を保障するものではありません。

例えば盲腸などは何の前触れもなく突然やってきますし、我慢しても直らないので共生的に病院に行く事になりその際に無保険であれば高額な金額が掛かります。支払いが出来なければ家族や周りの人に迷惑を掛ける事になってしまいます。

そんな事にならないように、留学の際は保険に加入されることをお勧めします。

信頼と実績のあるAIUの保険はこちらから無料資料請求ができます。
AIU海外保険無料資料請求はこちら

ワーキングホリデー、観光ビザの方はメルボルンで格安健康保険に加入する事ができます。
格安健康保険詳細はこちら