Skip to content

留学地に最適な都市はどこですか?

オーストラリアには沢山の都市があるので都市選びは迷うところです。また留学の目的は十人十色なので一概にココ!とはいえません。

しかし、よく聞く希望としては

・日本人が少ない
・ヨーロッパや南米の学生が多い
・便利に生活できる
・真剣に勉強できる環境

というものが挙げられます。

これらを総合するとメルボルンが留学地としては非常に適しています。

メルボルンは日本人にとってはマイナーな都市な為、日本人が本当に少ないです。シティーでさえ1日歩いていても日本語が聞こえてくる事は殆どありません。日本語が聞こえるとふと見てしまう位です。

逆に海外の人からはメルボルンは非常に注目されています。イギリスの経済雑誌「エコノミスト」が発表する世界の住みやすい都市ランキングでは、メルボルンは2004年、2007年に1位に選ばれ、2010年、2011は2位に選ばれています。そうしたことからもわかるように世界からは注目度が高く世界中から人が集まります。日本人は少なく、ヨーロッパ、南米、中東、東南アジアの学生さんが沢山在籍している学校も複数あります。

また、メルボルンはオーストラリアNo2の都市なので交通も発達しており、お店も多く非常に快適に生活することができます。日本語が通じる病院・美容院・両替所などもあり、初めての海外という人でも安心して生活できます。また、F1、全豪オープンテニス、競馬の祭典メルボルンカップなど世界的なイベントも毎年開催されそれらを気軽に見に行けるという魅力もあります。

観光という面では、シドニーやゴールドコーストと比べると弱い部分がありますが、逆にメルボルンにいる学生さんの多くは真剣に勉強したいという人が多く、メルボルンは学問の都市とも呼ばれる位教育水準が高いので、しっかりおちついて勉強できる環境が揃っています。

以上のような事から、日本人にとってはマイナーな都市のメルボルンですが、留学地としては非常に適した都市と言えます。